Lucky 13 USA Presents ! "じゃ~釣りでもしてれば~”

Californiaでの釣り情報&日記

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sonorite! 「好きなアーティストは誰??(50212)」


Category: 道具   Tags: ---
Los Angelesは東京よりはまだ少し暖かいですが、
それでも風の冷たさにはもう秋なんだなって感じがしています。
大好きな釣りもこの時期に入るとだんだん行く機会が少なくなり、
この時期の週末の過ごし方というとテレビをみたりインターネットしたり、
音楽聴いたりともっぱらIndoor。

気がつくと1日中、部屋着のままってことも・・・
釣り以外はあまり外に出ないんだなって思い知らされます。 

先日の出張で待ち合せの時間調整も兼ねて渋谷のタワレコに
立ち寄ったのですが、とあるマイナーアーティストのCDを探してもらいに
カウンターに行ったところ、偶然に山下達郎のNewアルバムリリースの
ポスターを見つけてしまいました。
小学生の頃からの長年の大ファンで彼の透明感のある歌声や歌詞から
遠い海外の空や海の色に想像をふくらましていました。

今考えるとこうして海外に移住しているのも少なからず彼の歌の影響が
あったんじゃないのかなぁって思ったりもします。
偶然な出来事にCDを買わずにはいられませんでした。
(正直彼ほどの有名アーティストのCDならLos Angelesでも購入できる時代なのですが・・・)

わくわくしながらCDをPLAYしてみると新しいんだけど懐かしい感じ。
この人ってやっぱり天才なんだなって・・・
その当時まだ出たばっかりのウォークマン(その頃はまだウォークマンって
呼ばれてなかった)を小遣いを貯めて購入し、
レンタルレコードで借りたLPをTDKのカセットに時間かけてダビングして、
ブラックバスやライギョを釣りに自転車で音楽聴きながら
かなり遠くの池やダムまで行ってたことをふと思い出しました。

当時、山下達郎がTDKのカセットのCMに出てたんでTDK派だったな。。。
今やカセットどころかCDも必要ない時代~技術の進歩はすごいね!!
あっぱれ!!

Sono聴くべし!

スポンサーサイト

ただいま~~!! 「食べ物あれこれ(257489)」


Category: つぶやき   Tags: ---
昨日出張から戻ってきました。
いやーやっぱり日本はいいですね。。
今回は福岡と東京にいってきました。
福岡は今回が初上陸でした。 秋という最高の季節も手伝って
何を食べても美味しい! "うまかー"。
特に魚好きの私にはホントたまりませんでした。 
鯛にカツオ、イカやサザエなどなど、そして忘れちゃならないのが明太子!!
それからもつ鍋に豚骨ラーメン!もう連日食べてばっかり。。 
本当にご馳走様でした。 
街行く人は、さすが南の人って感じでみんな陽気で話好き。
人柄も"よかです"。。
街は思っていた以上に都会で行き交う人たちのファッションも東京と変わりない。
"楽しかぁー"
"まさしく星3つですぅ~☆うまかー☆よかー☆たのしかー” 

東京に戻ってから友人に"ふぐは食べてきました?"って聞かれ、
"ん?ふぐ・・・やばっ?忘れてた・・"
ならばという事で東京にてふぐを頂きました。
福岡からのお取り寄せふく。 東京って街は、無い物がない!
またまた有り難うございます。
刺身(皮刺や変わり刺まで)、から揚げ、ふぐちり、そして〆は雑炊!!
松茸も美味しかった~~。。  贅沢三昧ですね。。
少し肌寒くなった季節に鍋物は最高ですね。 
あー思い出していたら、お腹すいてきちゃった。。

またすぐにでも帰りたいぜぇ~。 
Los Angelesもいいけど、食べ物はやっぱ日本が最高ですな。。
Mentai
タップリ入れて明太子スパでも作ろっと・・・・

Kashi
九州限定!って言葉に引き付けられ思わず購入。。

Sculpin食べたい! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
お久しぶりです! 今月19日からの日本出張を控え、
今週は何かとバタバタで猫の手も借りたいぐらいでした。
普段は、時間をもてあましてるくせに・・・。

さて、さて、先日どうしても釣りたかったSculpinに裏切られ、
消化不良ぎみの1週間でした。Sculpinって魚はそんなに釣るのが
難しくないだけに悔しさもひとしお。。 
日本出張前に釣っておきたい!~全く意味の無い~
強い決意をもとに本日行って参りました。

結果は!!
YES! YES! YES! リミット達成! ん~イイ引きだ~・・。
天気もいいし~! 満足の1日でした。  

Sculpinの釣り方や扱い方等は、先日イヤと言うほど書きましたので、
今回は写真中心でレポートさせて頂きました。

FuneNDM
前回の経験を生かし、今回はLandingまでのアクセスやレストランなどの
他の条件よりも船を第一優先に考えました。。
そこで今回の船はNEW DELMAR号!
この船はMarina delRayから出ているHalibutやSculpinなど
底モノ釣りを得意とする船なのです。
Marina delRayという場所にはタックルストアーやLandingが無く、
船上で直接船代を支払うシステム。他には無い唯一のシステム。
当然船代もCash Onlyなのです・・・


さあ、出発だ~・・おっとその前にBAITを仕入れに・・・
BIT

UMI
天気も最高! 気持ちいい~~ 

OK
SKK
準備万端!

AGR
きょうは調子良いです! 海流は少し速めだけどアタリは取りやすい。。
さm
こんな珍客までも・・・小さいけどサメ!

SAK
リミット達成!! おめでとう! ありがとう!

HCT
自分で刺を切って持ち帰る人~気をつけてね。。
HCT02
此方ではヘアーカットと呼んでいます!
まさにヘアーカットですね! 頭スッキリ!

CRN
ボクはもちろん!フィッシュクリーンを頼みました!!

TR0
終始みんな笑顔! 釣りはいいねぇ~~

DT
帰り道ウキウキ気分でおもわず撮影!(Down Town)

RE
ぺりっとね! 
 

今日は祝日なので・・ 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: つぶやき   Tags: ---
日本は体育の日、此方はコロンバスディーで祝日。
両国ともお休みということで今日は釣りのお話しも一休み・・・
OTS
Sealもお休み中

今日は釣り道具について・・・ 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 道具   Tags: ---
前日の釣果が良かろうと悪かろうと釣り好きとして怠ってはならないのが
道具のメンテナンス。特に海釣りは海水なので帰宅後出来るだけはやく
真水で海水を洗い流したほうが道具は長持ちしますよね。

釣果が悪い時はお清めの気持ちで道具に付いた汚れと海水とBad Luckを
真水でガンガン洗い流し、良かった時は場面を思い出しながら、時間をかけて
アレはこのリールで釣ったよな~気持ちいいドラグ滑りだったな。とか
アレが掛かった時この竿使ってなきゃーまず上がんなかっただろうな~とか
いちいち道具を見ながら、当然感謝しながら、次回も頼むね~って
願懸けしながらの楽しい洗浄。
 
一通り洗いが終わったら乾くまで一服。。
(現在はタバコをやめたのでTVをみたりインターネットしたり。。)
そしてその後はリール1つ1つにオイルをさしながら
次は何処いこっかな~って考えながら、
好きな音楽を聴いてコーヒー飲んで。。 最高の時間ですね。

んーこれもPart Of Fishing!(釣りの一部)ですね。

おっ。さっきガンガン洗い流したリール、そろそろ乾いたかな・・・・

Reels

久しぶり行ってきたよ・・・ 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣果報告   Tags: ---
久しぶりに海に出てきました。
いやー気持ちよかった!って書きたいのは山々なのですが、
釣果は今年のワースト1になるんじゃないかと言うくらい最悪でした。
ボウズは何とか免れましたが、
結果はWhite Fish-1匹、Sculpin-1匹(小さすぎでリリース)。。終わり。

10月1日のSculpin解禁により、このところローカルの釣果報告はSculpinが
目立って多く、どの船もリミット数(Sculpinの場合5匹x人数)で
レポートが上がっている。 Sculpin食べますか~。。
こんなときは、どの船に乗ってもSculpin狙いになるので結果はあまり
変わらない。そうなるとLandingまでの行き易さ、
駐車場からのアクセスの良さなど、船以外のオプションが
場所選択の決め手となる。今回はお腹も減っていたので
美味しいブランチが食べれるレストランが近くにある
Redondo Beach Landingに午後の半日船の予約を入れました。
RDNDREDONDO SPORTFISHING
 

電話するとよく乗るRedondo Specal号が今日はチャーターで出ないらしい、
今日はCity of Redondo号だけというので
まー別にどっちでもいいかなーって思ってOKAYした。これが間違いだった。
CTR
間違えた船!

釣果を他人のせいにするのは釣り人として感心出来ないと
言われるかもしれないが、こと船釣りに関しては、キャプテンの腕や
経験が釣果にかなり影響すると思います。
船中でボクの釣果だけが悪いとしたらこれは全くの論外ですが
今日に限っては、言わせて下さい。 キャプテン最悪! 
40人以上の釣り人全員がブーイングでした。

どんなポイントだって昨日釣れた所で今日も釣れるとは限らないし、
今日はここダメだなって思ったら、早めに切り上げて別のポイントに
移動する。その繰り返しでその日の良いポイントが見つかるときもあれば、
残念ながら見つからないときもある。
キャプテンがポイントを見つけるのに懸命に四苦八苦しているのをみて、
文句を言う釣り人は何処にもいないですよね。。
どんなに頑張ったって釣れないときもある。っていうか今日はよかった~って
最高に満足した日って年に何回あります? 
釣りってそんな世界ですよね・・・

とにかく、
最悪なのは釣れないポイントでもやたらと粘って、なかなか別のポイントへ
移動しなかったり、自分もお客と一緒になって釣りしてるキャプテン。。
今日のキャプテンは移動しないわ、釣りするわ、おまけにデッキに出て
海見ながらポテトチップス食ってた。何もしないのに腹だけ減りやがって。。 

キャプテンが悪い船は当然デックハンドの教育もロクにしていないので
デックハンド同士仕事もしないでしゃべりまくり・・・・
みんな楽しもうと釣りに来てるんで、そんな状況でも殆どの釣り人は、
文句も言わず(2,3人文句言ってたけど。。)釣りを楽しんでました。
でも今回この船に乗った人は誰一人として次回はこの船に乗らないんだろな
って思いました。 ちなみに他の船はSculpinリミットでした。
船上にいるときは当然のことながら他の船の状況がわからないので、
釣果については、現地でなかなか文句が言えないんですよね。。。。

家に着いてから、何ダー釣ってないのオレ達の乗った船だけじゃん。。
はぁ・・・でも、だから釣りってやめられない。。。。 
WhiteなんとかWhite Fishを1匹



今日はフイッシュ・クリーンについて。。 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 料理   Tags: ---
船釣りでのサービスの1つとしてFish Cleanがあります。
もちろんそのまま丸ごと家に持って帰って自分で捌くことも出来ますが、
マグロやハマチなどは大きすぎて大変!
海上で見た魚の大きさと家に持ち帰って自宅の台所で見る
大きさとでは1.5倍ぐらい大きく感じるんですよ。
わーやっぱり、丸ごと持って帰ってくるんじゃなかった!って毎回思います。 

それでも何度も家の台所で捌いたことはありますが、
後片付け等とにかく大変なのです。人殺し~って感じになります。 
知り合いの食品加工工場(前にも書きましたが・・)を使わせてもらったり
魚屋の厨房をお借りしたりもします。

でも最近はこのFish Cleanサービスを利用して
船上で捌いてもらって切り身にして持ち帰るようにしています。
厨房をお借りしたりするのもやっぱり気を使いますし、
何度も何度もこられても迷惑でしょうしね。。。

このFish Cleanサービスですがサービスといってタダではなく《当たり前か》
どの船も魚の大きさよって値段を設定しているようです。
船によって若干値段に違いがありますが、だいだい小さいもので1匹当たり$1+Tip、
中型で$3+Tip、マグロなどは$5+Tipって感じです。

なんだ~安いじゃんって思われるかもしれませんが、
大型の魚でこそ船でFish Cleanして貰いたいですよね。
1匹$5ってことは、10匹で50ドル-約6000円ですよ。
これにTip大体15%~20%ぐらいは渡すので7000~8000円が
Fish Cleanに消えると思うと何だかもったいな~いって思いませんか? 
大漁であればあるほど出費がかさむ。。これってどうなの?? 
そして釣った魚の大半は近所にお裾分けですよ。 

まさか一般家庭に"はーい。。マグロ1匹とハマチ1匹ねー"って
丸ごと渡す訳にはいきませんからね。。
釣りってお金かかりますよね。

「わー有り難う。」や「こないだの刺身すっごい美味しかった!」って
言葉を聞くと「また釣ったら連絡するよ~」って
調子よく言っちゃうんですよね。
釣り人ってホントいい人ばかり・・・自分で言うのもおかしいですが・・・
頑張って稼ごっ。。。
CLN01CLN02
最近は刺身か?って
聞いてくれて「そうだ!」っていうと、より時間をかけて
丁寧に捌いてくれるんですよ。ありがたいです!

LA近郊の島々。。 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣り場   Tags: ---
Santa Catalina, San Clemente, Santa Curz, Santa Rosa等など
Los Angeles近郊には幾つかの島があります。
中でもSanta Catalina(カタリナ島)はLAのLandingから一番近く、
3/4Dayレンジでで割と気軽に行ける島です。

San Clemente(サンクレメンテ島)は、Catalinaより少し遠く
Overnight(1泊釣り)のレンジとなります。

Santa Curz(サンタクルーズ島)、Santa Rosa(サンタロサ島)には
LAのLandingからのOvernightで行けますが、この周辺の釣果が良い場合は
Santa Barbara(サンタバーバラ)まで車をとばし、Santa Barbaraの
Landingから出る船に乗ったほうが同じOvernightでも島までの移動時間が
短い分、釣りをする時間が少し長くなります。
まーその分行き帰りの運転が長くなりますが・・・・行きはいいけどね。。

いずれの島も
Yellow Tail、Bonito、White Sea Bass、Sheephead、Calico Bass、
Rock Fish等一年を通して色々な魚が釣れます。
時期によって島自体の表情も変わり、島巡りの遊覧船気分も味わえます。
一面海だらけのマグロつりとはひと味違った釣りが楽しめますよ。
MAP

White Sea Bassを釣ろう! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
今日はWhite Sea Bassについて
White Sea Bass(ホワイトシーバス)とはシーバスといっても
日本のイシモチとよく似た魚です。 頭の両側に大きな耳石を
もっていることから、日本ではその名の由良で"石持ち"と名が付いたと
言われていますが、此方ではなぜかその事は名前に反映されておりません。
しかし頭に石をもっている事実は釣り人の間でよく知られており、
始めて釣ったWhite Sea Bassの耳石をネックレスなどにして
お守りに身につけている人も珍しくありません。
ボクもそのうちの一人です。
Neck

15~20LBSが平均ですが30,40LBSと大きくなり
70LBS以上のレポートも報告されています。
主に島まわりの浅瀬や岬、湾内に生息しており底近くに身を潜めています。

仕掛け&釣り方
底モノですが浅瀬なので大きいシンカーは使用しない場合がほとんどです。
フライラインで3/o~4/oフックに少し重めのエッグシンカー3/4~2oz。
もしくはLED Head(ジグヘッド)。 JIGを使う人もいます。

餌は生きイカが良いですがない場合は冷凍イカでも釣れるようです。
いずれの場合でも短冊等にせず、そのまま丸一匹を使います。

仕掛けを投入したら、
潮の流れにあわせて流しながら、ゆっくり底へと落としていきます。
底に着いたら、時おりアクションを加え誘います。
警戒心が強いのでなかなか針がけさせるのが難しいです。
というのも回遊魚とは違い、1回でガバッと食ってくれません。
ツンツンと餌を突付いても警戒してなかなか食い付きません。
アタリを感じても慌てず、"グリッ"っと持っていかれるまで耐えて下さい。

"グッと"持っていくのを確信したら引きもどして
アワセを入れるような感覚です。
感覚がヒラメに似ているって言う人もいますが
個人的にはヒラメの方がツンツンから食い付きまで、
思いっきりがよいような気がするのです。
なにせ感覚ですので感じ方はそれぞれですが
まーいずれにしても、じれったい系の魚です。

一旦のってしまえば、回遊魚のようにパワフルに走り回らないので
丁寧にやり取りすることでバラシの確率は減ります。
あとWhite Sea Bassをねらう際、特に気をつけていることはドラグ設定です。

当然のことですが、
ユルイとザーっと走られて近くの岩などに潜られて終了、〆過ぎてると
バチッンとラインを切って逃げていきます。 そうなんです。
30~40LBSある魚ですので力があるのです。

しかし30~40LBSあるといっても根魚なので勝負は
Hook-Upした直後の1st Runで決まるような気がします。
1st Runが止まったら、あとはテンションを緩めずガンガン引っ張り
上げて下さい。あとは諦めたように上がってきますので。。。

Keepは1人1~3匹(時期によって数が変わる)のリミットがあり、
28インチに満たないものは全てリリースしなければなりません。
WSB
↑コレがボクの1st-White Sea Bass! 結構前の写真のなので若いね!
上のネックレスになった魚。。


底モノを狙っていると、
まれになかなか上がってこようとしない奴と遭遇する時があります。
とにかく重い、こんな感じがしたときは、
Black Sea Bassが掛かっている可能性があります。
この魚は釣ろうとしても釣れるものでもなく、
偶然に掛かる場合が殆どですので丁寧にやり取りして姿を確かめて下さい。
Black Sea BassはCaliforniaでは一切Keep出来ませんので
速やかに写真を撮るなどしてからリリースして下さい。
Black Sea Bassは100LBSを超えるものもいます。
こんな所にこんなデカイの~。ってとこで釣れるのです。。
BSB02

それほど大きくはなかったのですが、
ボクもBlack Sea Bassを釣ったので写真撮りました。 
この時はヒラメを狙っていた時でしたが・・・・
Bsb
注:2つのBlack Sea Bassの写真ですが撮影のために、口の堅い部分にギャフを
引っ掛け持ち上げているだけで突いて引き上げたのではありません。
撮影後は元気に海に帰って行きました。



インディアンサマー! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: つぶやき   Tags: ---
皆さんご機嫌いかがでしょうか?
このところ此方は連日30℃を超す真夏日が続いております。
異常気象という訳ではなく毎年この時期になるとSanta Ana周辺からの
偏西風の影響で気温が真夏日並みにグッと上がります。
この現象は此方でインディアンサマーと呼ばれ約2週間ほど続きます。

個人的にぶ厚いウインドブレーカーを着込んで釣りをするより、
T-ShirtsやTank-Topで汗をかきながら釣りをするのが好きですので
夏の再来とも言えるこの現象は毎年楽しみです。

ここ1週間ほどカタリナ島周辺でのYellow Tail(ハマチ)の釣果がよく、
スケジュールを調整して出陣を企んでおりますが、
個人経営のフリーという身分である為、時間は自由に使えるのですが
平日丸1日となるとなかなか時間が取れなくて・・・っていうか
当たり前なんですけど・・・  今週は週末に出撃しますかね。

ISM

Sculpinを釣ろう! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
お久しぶりです!
先週から日本より来客があり、しばらくUPできませんでした。
釣りにも行ってないので多少ストレス溜まり気味です。。。

さて10月1日よりSculpin(スコープン)の解禁となりました。
Sculpinというのは日本のオニカサゴに似た魚です。
主に海底に生息し、ドルパーループでイカの短冊を使って釣るのが
一般的ですが、Jigやソフトルアーでも面白く、
底まで沈めて海底を探るようなアクションで誘います。 
引きがとても強く、力のある魚です。
身はとても美味しく、白身でから揚げ、刺身でも美味!
ここまでは言う事の無い、魅力満点の魚なのですが1つ大きな欠点が・・・
それは毒です!  ヒレ先や頭にあるトゲに強い毒をもち、
心臓の弱い人や小さい子供が誤って触れると激しい痛みを伴い、
場合によっては深刻な事態になる可能性もあるからなのです。
実際この私もこの毒牙の被害にあった一人です。
Sculpin解禁につき、今回はこの苦い毒牙体験をお話します。

その日はLandingが客寄せに開催した自由参加の釣りトーナメントでした。
大物賞等の商品も出るということもあり40~50人の参加者があり
釣り船は満員御礼!子供連れや初心者の参加も多かったので当然のことながら
タングル(オマツリ)もあちらこちらで発生。
仕掛けを流している人よりタングルを解いている人のほうが多い様子でした。 
それでも和気藹々と楽しい雰囲気で船釣りを楽しんでいました。

僕の釣り座の右横は友人、左横は結構年のいったおじいちゃんでした。
このおじいちゃん、海釣りは久しぶりとの事でしたが経験者なので
お互い気楽でひと安心!少し気になったのは、
お年のせいでお耳が遠めって事だけでした。 

その日は天気も潮もよくCalicoやWhite Fish、Sand Bassなどのいわゆる
五目釣りで盛り上がっていました。
その中にSculpinも混ざって上がり始めました。 
Sculpinという魚はある程度固まって生息していて
誰かの竿に掛かると船中Sculpin祭りになりがちなのです。
案の定この日もそこらじゅうで"Sculpin釣れましたけど~"って。。。

Sculpinの扱いについては事前にデックハンドからも説明があり
扱いの慣れていない人や初心者の方は釣れても自分で魚を触らない事、
自分たちが針を外しに来るまで触らずに待ってるようにと注意を促して
いました。 

自分で外せる人が多い日はこれと言って問題はないのですが、
この日は子供連れや初心者ばかり、あっという間に
デックハンドの手が回らない状態になってきました。 
そんな中、事件は発生してしましました。

僕の隣のおじいちゃんにも"ガッッツ"とアタリがきました。
それを見てひと目でSculpinと判りました。
一瞬なぜか嫌な予感がしましたが、まーでも問題ないだろうって
思っていると程なく魚が姿を表しました。
予想通りのSculpinでした。 良型です。 ちらちら様子を見ていると・・

---えっ、うそ、うそ、うそ・・・
おじいちゃんが思いっきり素手で掴もうとしてます。

だめだめだめ・・なにやってんの~ えっ。。知らないの?Sculpinだよ。。
危ないよ!って言いながら手を出すと、
出した僕の手を何を思ったか振り払いました。

えっ。なんで。。と思った瞬間。
ラインの部分をしっかりキャッチし、笑って"Be Careful~"。だって・・
えっオレが邪魔した感じになってるやん・・・横取りなんてしないよ。。。
・・・あっそっか、耳遠いんだったっけ・・・
全然、人の話し聞いてないっていうか聞こえてない。

そもそも見た目でボクが勝手に危ないと勘違いしただけで
チャンとSculpinって事も判っているみたい。
そーいえば経験者って言ってたっけ・・・あーでもよかった。
"あーゴメン、ゴメン”って笑って会釈してまた自分の釣りを再開!
   ーーしかしーーー

真横なのでおじいちゃんの行動がとても気になるんですよ。
あれから1分たっても2分たっても針を外す事が出来ない様子。 
時折魚が暴れるのでその度におじいちゃんの指が魚の口から
滑り離れブラブラと振り子のように魚が揺れてます。
*Sculpinの針を外す場合、左手で開いた口を持って
(親指を口の中に軽くいれ、人差し指とでツマミ上げる感じでしっかり持ち)
右手(利き手)でペンチ等を使い針を外します。

その間デックハンドといったら相変わらず、
子供や初心者のケアーにてんてこ舞いでこの事態には目が届きません。
引き続き様子を見ていると、やっぱり、かなり危なっかしくて、
いつこのおじいちゃんの手にトゲが刺さってもおかしくない状況なんです。 
こうなるとまたボクの要らぬおせっかい虫が顔を出します。

おじいちゃんオレ外そうか・・って言いながらペンチを持ってゼスチャー
してみると、うんうん、と魚を差し出すので"あー苦労してたんだな~。。"

"おじいちゃん、オレが針をペンチでつまみ出すからこのまま口の部分を
 そのまま強く持っててね。"と言った瞬間、

何を思ったかこのおじいちゃん、
さっきまで強く魚の口を持ってた指を離してしまいました。
ボクがペンチで口の中の針を掴んだ直後だったので、
このSculpinを支えているのは針をつまんだ右手だけ、
おじいちゃんが手を離した瞬間に魚が暴れました。
その勢いで針が口から外れ、何の支えも失ったSculpinは
船の縁を持っている僕の左手の甲にストレートに落ちてきました。
反射的に振り払う動きをしてしまったので
運悪く背びれが人差し指の付け根にグッサっと刺さり~Oh !My GoD!・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あーそーいえば、このおじいちゃん、耳遠かったんや・・
オレが手離せって言ったと勘違いしたんだー・・・ でも時既に遅し・・・

幸いおじいちゃんに被害が及ぶ事はなく、魚はそのまま船床にボトっ。。
ペンチで摘んでおじいちゃんのサックに入れてあげて
何事もなかった様に釣りをはじめていましたが・・・・
ドクっ、ドクっと。。
時間が経つにつれて毒がまわってきてるのか?
脇の下から腕にかけてがものすごい痛みが・・・ヤバイ!この毒強っ。。 

余りの痛みに釣り続行不可能と判断。 竿を置き、
そのままデッキに上がり横になって休んでました。
しばらく経つと連れがコーヒーをデカンターごと持ってきてくれました。
*この毒は冷やすとだめなようでお湯で温める代わりにコーヒーを
持ってきてくれたとの事。 実際、腕にコーヒーをかけてもらうと
気休めなのかも知れないけど痛みが和らぎましたよ。
2時間ぐらい経ってようやく幾らかマシになり、
それでもなにかだるい感じが腕全体に残っていましたが、
コーヒーの香りをプンプンさせながら、
なんとか釣り座に戻り釣りを続けました。

おじいちゃんが仕切りに心配し、あやまってくれました。
こちらこそオッチョコチョイですみません。。

しばらく釣ってると良型のSculpinが掛かり、
さすがに今刺されたばかりなので若干びびり気味でいると
デックハンドが来てくれて針を外してくれました。
この魚が痛恨の第3位入賞となり、
まー痛い思いもしたけど、Sculpinで商品も貰ったし、
結果オーライって事で。。 バカ丸出しですが・・・

みなさんもこれからの時期Sculpinの取り扱いには十分気をつけましょう。
マジで痛いですから。
*Sculpinの針を外す時は、
ボクがやってしまったような1人が魚を持って、
もう1人がペンチで針を外すやり方は絶対止めてください。
全て1人で行ってください。
片手の親指を口の中に軽くいれ、
人差し指とでツマミ上げる感じでしっかり持ち、
もう片方の手でペンチを持ち口の中の針をはずします。
外し終わっても口をしっかり持ったまま
そのままサックに入れるなり、海へリリースするなりを行ってください。
自信が無い場合は無理しないで必ずデックハンドに頼んで下さい。
何回かデックハンドの外し方を見れば、すぐに習得出来ると思います。



Sc01

SC02 恐るべし!

10 2005
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

09

11


 
”Yoshi13”と申します♪

Yoshi13

Author:Yoshi13
釣りしたくないかい   
Californiaでの日々の生活や
釣りに関することを中心に
つらつらと書いちゃってます☆ 

 
 
ギョタク
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。