Lucky 13 USA Presents ! "じゃ~釣りでもしてれば~”

Californiaでの釣り情報&日記

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事だー。。 「暮らしを楽しむ(624717)」


Category: つぶやき   Tags: ---
クリスマスが日曜日だった事で此方では、
多くの会社が26日の今日もお休みとしています。
hh

私は当然のごとく仕事なのですが。。。

スポンサーサイト

メリークリスマス! 「暮らしを楽しむ(624717)」


Category: つぶやき   Tags: ---
今日はクリスマスなので更新はひとやすみ。。
Wishing you a Merry Christmas!!
PEACE LOVE!    
TREE

ドラド釣り続き。。 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣果報告   Tags: ---
さあ、いよいよ船を止めて釣り開始。
小さめの*ケルプパディーのすぐ脇に付けた。 “おーいる! いる!”
水がキレイなこともあり、時折ケルプの周りを泳いでいる魚体がハッキリと見える。
緑と濃いブルーを混ぜ合わせたような背中の色が何ともいえない。 

このドラドもアクティブなファイトを楽しませてくれる。
何度も全身を空中へ投げたすように大きくジャンプする。
アタマを大きく振って針を吐き出して逃げてしまうこともしばしば。 

流木やケルプパディー(*海の真ん中で海草が浮島のようになっている場所)
などに小魚を追って潜んでいる。8月から10月ごろまでSan Diego近辺でも
Yellow Tailを狙ってケルプホッピング(沖合いに点在しているケルプパディーを
次々に探しながら釣り渡る方法)をしている際、コイツが混じって釣れてくる事もある。

仕掛けは、お馴染みフライラインのノーシンカーに4/Oフック。
ベイトは今回、小サバしか用意していないので中でも小さめのものを選んだ。

案の定アタリはすぐに来た!
先程のMarlinとは対照的にガブガブと食ってきた。 おーーー!! 
いきなりの食いつきに"ぺディグリーチャム"も真っ青!
ドラドまっしぐら!って感じ。。

慌ててあわせ過ぎたせいか痛恨のすっぽ抜け。 
うっ恥ずかしっ。。 へへっと笑ってごまかした。

次は少し慎重にとべイトを選んでいると、パン、パン、パンと派手に
船床を叩く音~~? ”Good Job!!” ~~
振り返ると見事なドラドが尾びれで床をバタバタやっていた。
その横で連れが陸ではあまり見せた事の無い、最高の笑顔で笑っていた。
さすが~やるな。。
DoH

よーし!と気合いを入れなおし、再びベイトを投入! 
スルスルと元気よく泳いでいく。
するとまもなく先程のようなガブガブとしたアタリ。
ここは、さらにもっていくまで!とぐっと我慢!
素早くスラッグを巻き取り、ガッっと来た次の瞬間に
Reelを巻きながら大きく合わす!フフフレッシュ・ワン!!!
今回はキレイにのったみたいだ! 力強くラインを引っ張っていく。 
“ズーゥ、ズーゥ” とドラグの唸る音が気持ちいい。 
そしてパーンと飛び跳ねる。 すげー。。。 何度見ても興奮してしまう。 

余り深くは潜らない魚なのでラインが水面と平行に近い角度で出て行く。
他の回遊魚とのファイトよりロットをやや立てぎみにしたほうが
ロットテンションを最大限にいかせそうだ。

数回のジャンプの後にいよいよ船の近くまで寄ってきたので
タイミングを見計らってギャフで引き上げてもらった。

背中の深い青緑と全体が黄金に輝く良型のドラド。何回見ても美しい魚だ。
その後もいい感じであたりが続き、食べるには十分すぎるほどになったので
このポイントから離れる事にした。
ドラドはこの辺りのどこのレストランでも喜んで引き取ってくれるという事だったので
今回は安心してKeep出来た。
DOS

  

ドラド釣り! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
いやー気分がいい・・・

早速、船には釣った証であるStriped Marlinの旗が一本取り付けられた。
スカッと晴れた青い空に棚引く青い旗。 美しすぎる。 
HATA

興奮もさめやらぬ状態でいると、クルーたちは次のスポットに移動するようで
なにやら急いで準備をしていた。 

話しを聞いてみると、他の船から情報が入り
ここから少し離れたポイントで今まさに、Doradoが調子よく
上がっているとの事だった。そこで潮が変わらないうちに今から
その場所に急行するというのだ。  んーじつにいいクルーたちだ! 
楽しませてくれる気合満々!・・・本当に有りがたい!

そのDorado(ドラド)ですが別名ドルフィン・フィッシュ又はドド、
マヒマヒ、シイラなどとも呼ばれています。
その特徴的な容姿とは相反し、ほとんどくせの無い淡白な身は煮ても、
焼いてもフライにしても絶品!
故にイタリアン、フレンチ、メキシカン等などの
色々なジャンルのレストランで取り扱っている魚なので実物を丸ごとで
見たことは無くても食材としては割とポピュラーなのです。

しかし時間がたつと水っぽくなってしまうのでお寿司屋で出しているところは
ほとんどないと思うのですが、ドラドの刺身はブリの身によく似ていて
しかも全く脂臭くなくあっさりとして美味しいのですよ。 
新鮮なものが手に入った時は是非刺身を試してほしいです。
Do

そんな訳で今日の夕食はドラドに決まりだ!とまだ釣ってもいないのに
すっかり食べる気満々でポイントに向かう。

しばらく走ると前方に何隻かの船が集まっており、
それらの船上は既に盛り上がってるようだ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
釣り人たちの声が聞こえてきた!
それは間違いなく、今この一帯にいい群れがきていて、
いい釣りをしていることがすぐにわかるような楽しげな声だ。 

さらにポイントへ近づくにつれて、それは確信となった。 
おーおー釣れてる!釣れてる!
周りの船の釣り人たちのロットがしなりまくっているのが見える。
 
何故かロットをしならせている釣り人を指でさしまくりながら
"そこも、あーあっちでも。。" ほぼ病気である!! 
Wide Open! ~ (Wide Openとは釣れ釣れ状態のこと。)

こうなると楽しくて仕方が無い。 笑ってしまう! まさに釣りバカ天国! 
Yee! Haa! 僕らはまだ糸も垂らしていないのに叫んでいた。。。

ジャンプ&ジャンプ! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
以前Marlinを釣ったときは船を走らせながらライブベイトの
スロートローをしている時に食ってきたのでほぼ向こうアワセ状態だった。 
脇に抱えていたロットにギューンと強い力が加わったのですぐに、来た!と
判った。 今回のように船を止めて餌を流しアタリから
セット・フックまでの一連を経験させてもらったのは始めて。。 
食い付きは思ったより繊細でガバッという感じではなかった。

さて、セットフックも無事?完了しあとはヤツを引き寄せてくるのみだ。

ファイテング・チェアーに腰掛けるよう促され、
ロットをセットし自分のポジションを再度確認。 
でも普段からスタンディングでのやり取りで
慣れているせいかどうもこの体勢はしっくりこない。

見た目はまるで王様のようだが、実際はイスにしばりつけられた奴隷のよう。
これから長い過酷な仕事?!が待っているのだ。

ポンピングで寄せては、リールでラインを巻き取って行く。
でもすぐに今巻き取った以上のラインをガー、ガーと
ドラグを唸らせながらもっていってしまう。

そしてまた大きくジャーンプした。
ラインが弛まない様、テンションをキープながら素早く
ラインを手繰り寄せる。 間髪をいれずに
今度は真逆の右側の彼方で”パッカーン!”と元気よく跳ね上がる。 

やべーまだまだ全然元気だ。。。。 
そして全く何処にいるのか判らない。
ジャンプして始めてヤツの位置がわかる。 

水面まで飛び上がってくるってことは
そんなに深いとこまで潜っていないはずなのだが、
時折真下にラインが思いっきり引っ張られる。 

今度は深く潜っていってるのかと思うと
いきなりすぐ真横でジャーンプ。。。

一体どうやって泳いでるんだろ・・・ 
まさに縦横無尽!やりたい放題。。半端じゃなく泳ぎが速い! 
そうしているうちにもまた”パッカーン!”と跳ね上がる。 

今回飛んだのは僕らのクルーザーより少し前方寄りだったので
キャプテンが船を走らせ位置を移動、
ファイトしやすい位置まで合わせてくれる。

ファイテング・チェアーを用いたこの釣り方は
キャプテンのサポートなしでは成り立たない。
いつものスタンディングスタイルなら魚の動きにあわせて
自分も動き回れるのだが、この釣りはカジキの動きにあわせ船自体が
動いてくれるので座ったままでよい。

本来はこの釣り方のほうが楽なはずだが、慣れないので釣りにくい。。

そんなこんなで40分余り飛んだり、跳ねたりしたヤツも
ようやく堪忍したのか船近くまで寄ってきた。 

キレイな縞模様が見える。 Striped Marlinだ。
18

傷つけないように上手くHookを外し、写真を撮って無事リリース。
ロットを持つ手に力が入りすぎていたようで手がまだ少ししびれている。 
やっぱり凄い魚だった・・・!!
RR

動画です。。 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
デジカメ使用の為、画質はあまり良くないのですが、
ショートムービーを載せてみました。

よく見ないと判らないのですが、
リールはRennの4/O(赤いヤツ)を使ってました。
釣ってる時でさえ気づいていなかった。。

以前書いたのですが、例のツノに見とれてしまい
ボーっと釣りに来たのを忘れ、見入っていたところ、
ようやくクルーに"何してんだ!"急かされて慌てて近くにあったロットを
おもむろに掴んでベイトをつけて流したのがこのタックル!

実はこれ、バックアップ及びクルー用に用意していたものだったらしい。。。

折角Internationalを何本も用意してくれていたのに、
わざわざこんなオールドスクールなReelで釣ってたとは・・・・

どーおりで手がしびれると思った。。。
なんちゃって~!道具のせいにしてみたり・・・・

カジキ釣り続き! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
超人並みの視力を持つガイドのお陰で僕らのクルーザーは
他の船団よりいち早くツノの見えていた周辺に到着出来た。
すぐにベイトを流すのにベストなポジションを確保。
早速10/Oの針をラインに直接結んだだけのシンプルな仕掛けに
生きのいい7インチ程のサバをつけて投入。 

ベイトに引かれてラインがスルスルと海中に吸い込まれていく。 
先程まで出ていた例のツノも船が近づいて驚いたのか、
もう見えなくなってしまっていた。

逃げちゃったかなぁ。。と思いながらベイトを流していると、
完全に今までの小サバとは違う勢いでスプールからラインが出て行く。 

今までに経験しているマグロやハマチのアタリとは少し違い、
どちらかと言うとおとなしめなのだが明らかにベイトが何かと遭遇している。 
今回ベイトで使っているサバは、いつも使っているイワシと比べると
数倍速く泳ぐのでそれと勘違いしそうだが微妙に違う・・・・

“えっこれってアタリ?”  “まさかさっきの寝てた奴じゃないよね?” 
“これ~あわせちゃっていいの?”と????となりながら
クルーに尋ねると”Not Yet!(まだだ)”と言いながら
すぐさま運転席のキャプテンになにやら手でゼスチャーを送る。
やっぱり何かがあたっているらしい。

そして次の合図の後でクラッチを入れて大きくあわせろと言われた。

~~~~~~~~~” NOW!! ” 今だ! 

リールのクラッチをしっかり入れ素早くハンドルを巻き上げながら
竿を大きくあおった! 
~“GO!”~~~~~~~~~~ 
それを見計らってクルーザーがスタート。 
自分と丁度後ろ方向に向けてクルーザーが急発進した。
そう当然、僕は船先に背中を向けて立っているので思いっきり
後ろ方向に引っ張られる!
倒れそうになりながらもロット強く握りバランスをとる。

さらにスピードを上げるクルーザーを引きずるようにガー、ガー、と
凄い音を立ててドラグが唸り、ロットがおもいっきりしなる。
まるで根がかりしたような感じ。。。。  のってんのか??・・・!

*後から聞いた話なのだがカジキの口元は非常に堅く、人間の力だけで
セットフックしたつもりでもしっかり食い込まない場合が多いので
最近はボートの力を利用してセットフックを行っているらしい。


そんな事は知る由もないので、
”なんだよ、いきなり走らせて、どうすりゃいいんだ。”
などと思いながらしなるロットの重さに耐えていると、
次の瞬間、左側のはるか彼方でかなり長いものが水中から飛び出した!
体のほぼ全体を空中に現し、体をくねらせている。 間違いないカジキだ!

でもすごく遠い。。。えっ外れたの??  

“ YEE ! HAA!!!” クルーたちから歓声があがる。 
すぐに船が急停止した!
“巻け!巻け!巻け!”クルーから急かされながら、
全力で巻く、巻く。。 そしてグッと重くなりこれ以上巻き取れなくなった
次の瞬間、ズー、ズー、ズー、ドラグが鳴りラインが勢いよく
リールからでて行く、この感じ・・・・やっと魚の重みが直接伝わってきた。

やった!間違いなく完全にのってる。。

カジキ釣り! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
<4日目>
今回、念願のルースターには出会う事が出来なかったので
気を取り直してMarlin(カジキ)釣りに出かける事にした。
ここで釣れるMarlinは主にBlue Marlin、Striped Marlin、Sail Fishの3種で
今回のターゲットはこの時期、最も活性の高いStriped Marlin。
背中に美しいダークブルーの縞模様があるので一目でStriped Marlinと判る。
St

さてカジキ釣りというと、どうしても大げさな感じで捉えてしまいがち。
タックルを全て買い揃えて、ボートも自分で操っていう事になると
確かに大掛かりなのだが、今回ご紹介するようにクルーザーをチャーターし
現地ガイドの手解きを受ければ、誰でも割りとお手軽に挑戦できる。

Cabo San Lusasでのカジキ釣りは遠く沖合いまで出る必要もなく、
割と近場で釣れるので船酔いが心配な人でも無理なく参加できる。
一定範囲のポイントを熟知している現地人にとってカジキ釣りは
実はガイドがしやすい部類に入るらしい。
それでいて見た目も豪快で大物を釣る醍醐味も体験できる。

気軽に楽しみながらできるスポーツ・フィッシングという感じだ。
何処かの誰かがTVでやっているような、大袈裟でシリアスで
難しい釣りではないということを是非ここで付け加えておきたい。

そんな感じで僕らもクルーザーをチャーターし
今日も朝の薄暗い中Landingを後にした。
一昨日のパンガもいいがクルーザーでの出航も気分がいい。
今日のベイトは小型のサバ。ポイントに向かう途中で調達。
Gv

今回用意してもらったタックルは
Penn International(お馴染み金色のリール)の12T、30S、50Sで
ロットはトローリング用としてローラーガイド仕様のHeavy 5.5 ft数本と
ベイト用でレギュラーガイドのMedium Heavy 6.5 ft、Medium 7ft。
この釣りに使用するタックルは高価なものが多いがここCaboでは
殆どのクルーザーはタックル込みのパッケージを持っているので
それを利用しない手は無いと思う。
道中、道具に気を使いながら重たい思いをして運ぶ必要もない上、
メンテナンスもキチンとされている。ほとんど船にはトラブルの際の
バックアップも積んでいるので、まさに至れり尽くせりなのだ。
50tRt

いよいよポイントらしきところに着いたようで
トローリングの準備をはじめる。
釣り方はマグロ同様、基本的にはトローリングをしてポイント周辺を
探りながら、反応をみる。トローリングジグに直接食いつく事もあるのだが
ジグを追ってきた魚の鼻先にベイトを流し生き餌で釣るのが一般的。
加えてMarlinは殆ど群れをなさず単独で行動している為、
魚群探知機よりもガイドの感と肉眼が威力を発する。
双眼鏡も駆使しながらMarlinの影を探すのも
トローリングと同時に行っているのだ。
CR

Marlinの探しかたの1つとして独特でユニークな見つけ方がある。
ご存知のようにMarlinは口先が尖っていて、ツノのようになっているのだが
そのツノを水面に突き出させて(ちょうどウキの先が水面に
立っているかのように)海面近くでタテになって休んでいる?! 

その際、海上に突き出てしまっているツノを見つけるというのである!

最初その話を聞いたとき、
ガイドが冗談を言っているのかと思い相手にしなかったが、
実際その状態を目の当たりにして我が目を疑った・・・・・

ガイドが指をさす方向、はるか水面の彼方~~~
いた!あれだよ!・・えっ?? どれよ? 
全く何を指差しているのか判らない。

次の瞬間“Marlin!Marlin!”とクルーが叫びながら
トローリングジグを巻き取る。
同時にクルーザーは向きを変えて、
その指をさした方向に向かって全速力で突っ走る! 速ぇ~~!!
周りのクルーザーもこのツノ?を見つけたようで色んな方向から
この1つの方向を目掛けてクルーザーが突進してくる。 
すげぇ!!マジだったんだ・・・

近づくにつれそれはハッキリと確認できた。 
水面に突き出た1本の棒。。  本当だ・・・
しばらくボーっと見とれていると、
クルーに”なにやってるんだ!さぁ~釣るぞ。”と背中を叩かれた。。
415
さぁーベイトの準備だ~船上が一気に慌ただしくなってきた。

今日は浜釣り! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣り場   Tags: ---
<3日目>
さてさて。
本日はBeachからの投げ釣りに挑戦することにした。
陸っぱりといえば、ロス近郊では防波堤で
メジナ釣りをするくらいで砂浜での釣りは皆無である。
この機会に雰囲気だけでも味わってみようと
ロスから数本のスピニングタックルと
ミノーやポッパーなどのルアーも一通り持参していた。

今日も朝暗いうちから身支度をして歩いてポイントに向かう。
Hotel裏手の海岸を西に向かってしばらく歩いたところ。
Beachが途中で岩場になりまたその先にまたBeachが続いている。
どこをどう見ても魚が居そうな所で今回宿泊しているHotelからの
アクセスも良さそうなので昨日乗ったパンガから目を付けていた。
キャプテンもこの場所はルースターが狙えるよと言っていた。
p01

朝の浜辺を歩いてポイントへ向かうのは
昔日本で夏になるとよく行っていたキス釣りを思い出す。

早速ルアーをセットし第一投!
海用のルアーだけあってナカナカよく飛ぶが
風でコントロールがままならない。
二投、三投と続けるうち気が付くと足元は既に海に漬かっていた。
002

しばらく頑張っていると波打ち際にルアーを追ってきた魚の姿を確認。
おっ! Hook-Upしてくれ~。。 ルアーを投げ続けた。
ミノー、ポッパー、アイアンジグ持ってきたもの全てトライしてみたものの、
結果は・・・ そう簡単にはいきませんよね。

でもあの魚はまさしくルースターだった。 
一瞬だったがあの特徴的な背びれが波の間から見えた。
まーでもHook-Upしていないだけに
幻覚でも見たんじゃねーの?って言われても仕方が無いのだが
朝の海岸はそんな幻?さえ見てしまうほど美しかった。
101j

さぁ釣るぜっ!! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
しばらくの間トローリングで探ってみる。
Hook-Upの気配が無いのでジグを変えてみたり、
生き餌でのスロートローリングを試したりとご機嫌を伺ってみる。
んー渋いね! 魚の気配はあるのだが食ってくれない。
これだけ暖かいと飛び込んで海中の様子を伺いたくなる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~。。。。。。

Let's try something else! ついにキャプテンの一言。
色々手は尽くしてみたものの残念ながら、
今回はルースターの顔を拝むことは出来なかった。
やはりこの時期のルースターはそう簡単には出てきてはくれないようだ。
032

Okay! Next Time..と自分を慰めながら楽しみを次回に残し、
後半戦はシエラを狙いにポイントを移動。
シエラもここまでこないと釣れない魚。
小型だが味はもの凄く美味しいとの噂。
釣り方はシンカーなしのフライライン。 
2~3/Oサイズのフックに生きたイワシ付けて泳がす。
今まで紹介してきたCaliforniaでの釣り方と同じ。
fr

シエラ釣りもこの日が初体験なのでワクワクしながらアタリを待つ。
程なくしてツーンという強いアタリ。 
グッと巻きこむと左右に大きくザクザクと走る。のった!
久しぶりの回遊魚の感触。
引き感はサバやカツオによく似た感じ。 
時折、力が抜けたようにふっと上がってくるアクションもよく似ている。
サイズが小さめの割には引きが強く、いきなりグーンと潜るファイトは
ストライプ・バスを釣っているかのようにも感じられる。 

引きにバリエーションがあってこれは結構面白い。 

Caboでのライトタックルでの釣りは今回がはじめて。 
ヘビータックルで汗をかきながら大物と格闘する釣るのもいいが
ライトタックルで引きを楽しみながらやり取りをするのもまた格別だ。

2,3度ドラグを鳴らしながらラインを持っていかれたが
いよいよ魚影が見えてきた。今回実物を始めて目にする。 
へぇ~魚体はまさにサバとカツオの中間のような感じ。
Ser

体にグリーンの水玉模様が広がっていてトラウトのようにも見える。
色々な魚がいるもんだな。。 当たり前のことだが思わず呟いてしまった。
その後もいい感じでヒットが続きシエラ釣りを十分楽しませてもらった。
Ser02

キャプテンからドラド(シイラ)でも狙いに
次のポイント移ろうかと提案されたがこれ以上釣っても食べきれないし、
ここは旅先、我々はアウェイの身分なので沢山釣っても
魚を配る知り合いもいない。今日は十分楽しんだし
無駄な殺生は止めよう!ということで少し早めの納竿とした。

帰り際の話題は”明日カジキをねらいに行くかそれとも明後日にするか。”
今まさに釣りを終えてLandingへと戻っていく途中なのに
次の釣りの話しが止まらない。”オレたちどこまで釣り好きなんだ。”と
少し呆れてしまった。

Go!Go! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
さてさてスーパーパンガで今回朝一番に狙うのはルースター・フイッシュ。
この魚、体のシルエットはカンパチやヒラマサによく似ているのですが
大きく異なる点は背びれが鶏冠のように大きく広がり尖っているところ。 
まさに見た目からルースター(雄鶏)って感じなのです。
rst

最盛期になると岸際のかなり近いところまで
ベイトを追って上がってくることもあるらしく、
100LBSを超える大物がBeachからの投げ釣りで釣れることもあるそうだ。
好奇心旺盛な魚なのでミノーやポッパーなどのルアーを用いた釣りも盛ん。
http://www.catchbillfish.com/cabo/6_02/report.htm
↑そのルースターのBeach釣りの虜になった男たちの勇士が
ショートムービーにて見れます。

なんてご紹介しつつも実は私まだコイツを釣った経験が無く、
チャンスがあれば一度でいいから釣ってみたいと思っているのです。

しかし残念ながら12月のこの時期はルースターの最盛期から
大きく外れているようで、いるにはいるけどナカナカ釣れないらしい。。。
上がったら大きいだろうけどね。。 とキャプテン。 
Los Angelesでは逆立ちしても釣れないのでダメ元でトライしてみようと、
一路ポイントへ。 Let’s Go~~
0031

さすが~パンガ。。 早っ。。 っていうか怖っ。
久しぶりの低いボートの感覚に少々びびり気味。 海面近っ。。
走るというより海面を跳ねるようにパンパンっと。
「フォ~!」とかいってノリノリに見せてるけど、
顔は全然「フォ~!」じゃない。 明らかにびびり顔。。
しばらくするとスピードにも慣れてきて周りの景色もみえてきた。
30

しばらく走るとポイントに到着。 トローリングをはじめる。
マグロなどを狙っている場合は一面見渡す限り海、海。
それに比べてショアラインの釣りのいいところは
陸地の景色も楽しめること。
トローリングをしながらでもチョットしたクルーズ気分も味わえる。
0095
キレイな海と空、そして新鮮な風景。 最高ですな!

Cabo San Lucas!


Category: 釣り場   Tags: ---
今回のプランは4泊5日。
Los Angeles空港から飛行機で約3時間南下。
機内から見える青い海には無数のカジキの魚影が
映っているような気さえしてきます。
01

そんな感じでワクワクしているうちにあっという間に
San Jose del Cabo空港に到着。

一言!暖かい。12月のこの時期でも昼間は30℃を越える日も珍しくない。
当然ロスから着て来た上着はすぐに脱ぎT-sh一枚に・・・「あー最高!」
バスに乗り継ぎ目的地に到着。

今回の目的地はBaja半島の最南端Cabo San Lucas

Cabo San Lucasは観光地としてもわりと有名。
他にもCortez湾に面したLa Paz
それより少し北上したLoreto等、余り有名ではないのだが
幾つもの素晴らしい釣りスポットがこのBaja半島には点在している。
02 
03

<1日目>
Hotelのチェックインを済ませて夕食までの時間をゆっくりと過ごす。
04

市内観光といっても小さな街なので一通り散策しても
たいした時間は要しない。
適当にお土産などを物色し、一路Fisherman’s Landingへ。
こちらでの釣りは主にクルーザーを貸しきって釣りをするチャーターベース。
今朝お客を乗せて釣りに行ったクルーザーが
この時間になると次々に港に戻ってくる。
BO


各クルーザーにはそれぞれその日の釣果によって旗が棚引いている。
日本の大漁旗のような立派なものではないが
その日釣上げた魚種に応じて色分けされた旗を付けて帰港する。
ストライプマリン、ブルーマリン、セイル・フイッシュ、
ドラド、ルースターなどなど・・・

当然、旗を沢山つけて帰ってくる船がその日の釣果が良かった。
ということになる。
05
明日はどの船で釣りをしようか~!!

いざ出航だ! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣果報告   Tags: ---
<2日目>
Hotelへお願いしたモーニングコールより先に目が覚めてしまった。
出発までまだ十分時間はある。
空はまだ暗いが窓から見える海もまた格別。
Fisherman’s Landingの辺りには既に沢山の行き交う船の灯が見える。
流石はFisherman天国。皆早起きだなぁ。

早めのシャワーを浴び身支度をしていると電話が鳴ったので
おっモーニングコールかなって電話口に出ると今回同行した連れからだった。
聞くとすでに身支度も終えて準備万端
時間をもてあまして電話してきたようだ。さすがは僕より上手の釣りバカだ。

予定より早めに合流しラウンジでコーヒーを飲みながら時間つぶし。
朝はさすがに少し肌寒さを感じるがそれでもT-SHにパーカーで十分。
12月だよね・・・なんて言いながら嬉しさがこみ上げる。
まわりから見たら朝も早よからラウンジでニヤニヤ笑って話している
日本人はかなり不気味だったであろう・・・・


Landingに着き無事にキャプテンとも合流。
予報では今日は少し風が出るものの、波は穏やかとのこと。 
早速、船に乗り込みベイトを積み込む頃には既に空も明るくなっていた。
006

本日チャーターしたスーパーパンガはクルザーとは異なり、
見かけは屋根付きのモータボートって表現がピッタリかもしれない。
キャプテン兼ガイドと僕ら2人の3人乗り。
値段もお手頃で$200前後(約6時間)でチャーターできる。 
ショアラインの五目釣りにはピッタリのサイズと値段。

このスーパーパンガはなかなかの優れもの!
船自体シンプルな作りなゆえに軽いので速い! 
ひとたびカジキの影を見つければ、
同じタイミングで魚影に向かった大きくて重いクルーザーより一足先に
ポイントにたどり着く事が出来るのです。

2003年の同じ時期にこのパンガで実際にカジキを釣上げました。
周りのゴージャス・クルーザーたちの悔しそうな顔は今でも忘れられません。
pN
見かけは小粒でもいい仕事するパンガ。

Caboボート選び。。 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣り場   Tags: ---
クルーザーを所有しガイドを個人で経営している人もいるので
調子のよさそうな船に近づいてその場でキャプテンと
値段交渉が出来ることもしばしば。
場合によってはかなりの割安でチャーターできたりもする。

でもこの場合特に気をつけたいのは、
翌朝準備万端でLandingに行ったのに
待てど暮らせど船がこない!というようなトラブル。
港から次々に出て行くクルーザーを恨めしい目で見送ることになる。

そんな最悪なトラブルを避ける為に
直接交渉する際は領収書の受け取り、待ち合わせ場所の再確認、
連絡先の確認、キャプテンの携帯番号の入手等、
出来るだけのInformationを確保しておく事が大切である。 

大半の船はLandingに点在するOffice(船宿のようなもの)と正式契約
しているのでキャプテンと話した後で指定のOfficeに行って
支払いを済ます事が出来る。
この場合、大幅なディスカウントは期待できないのだが、
朝Landingに行っても船が来なかった!っていうトラブルは
まずありえないのでこのほうが安心!

人気の船を所有しているOfficeが提示している料金は当然割高になっているが
高いお金を払ったからといってよい釣りが出来るとは限らない。
でもそれなりに船の設備はよく、見た目もかっこいい。
勿論快適な時間を過ごせるのは間違いない。
この辺りが船選びの面白いところでもあり難しいところでもある。
少し無理して設備の整った船に乗りリッチな気分にひたるのもいいし、
あえてランクを落としてもう1度、別の日に船をチャーターし
2nd Trip、3rd Tripでチャンスを増やしCaboでの釣りを満喫するのもいい。

http://www.solmar.com/Sportfishing/index.cfm?p=Fleet%20%26%20Rates
↑値段の目安にどうぞ。。

事前に仕入れた情報と値段、キャプテンやクルーとの相性も
1つのポイントとしてしっかり見極めて選びたい。 
出来ればキャプテンとしばらく会話を楽しみながら
実際に乗る船を見て選ぶのがベスト。
慌てて決めてしまわないで色々見て楽しみながら
船を選ぶことをお勧めしたい。


*タックルは基本的に船側が用意しているので
ランチと飲み物程度を用意しておけば十分であるが
どうしても自分のタックルで釣りがしたい人は持ち込みも勿論可能。
その場合は若干安くなる船もあるので確認を忘れずに。。

そんな感じで今日帰ってきた釣り人と話しをしたり、情報を集めた結果、
明日の海のコンディションも考慮し初日はカジキを狙わないで
ショアラインの釣りをすることに決定。

ドラドやシエラ、運がよければルースターも狙えるってことで
2人乗りのパンガをチャーターし出航することにした。 
キャプテンも気さくでいい人そうだ。
船と明日の釣りプランが決まったので今夜は本場のStake Fajitaに
マルガリータをかっくらって街中から流れる楽しげなマリアッチに
後ろ髪をひかれながら断固として部屋にもどって早めの就寝。
 あー明日が楽しみ!! 
カジキが1匹、ドラドが2匹、シエラが3匹、くじらがzzzzzz・・・・

カジキを釣ろう! 「海釣り・船釣り(11461)」


Category: 釣る   Tags: ---
いや~今年も残すところ早一ヶ月足らずとなってしまいました。
10月27日から更新してなかったんだ・・・
んー釣りに行けないこの時期は寂しいね。
毎年寒いこの時期になると、ローカルの釣りは一旦一休みし
日差しと魚を求めてBajaまで飛びます!飛びます!(古っ)
ロスから飛行機で3時間弱南下。。

Keshiki

ここにはまだ夏の日差しが残っていました。

12 2005
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

11

01


 
”Yoshi13”と申します♪

Yoshi13

Author:Yoshi13
釣りしたくないかい   
Californiaでの日々の生活や
釣りに関することを中心に
つらつらと書いちゃってます☆ 

 
 
ギョタク
 
 
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。